FC2ブログ

一条工務店セゾン系棲家のアフターケアの合間に綴るブログ

◇ 住宅、DIY、菜園、PC、AV機器、自動車関連などを気ままに綴るブログです ◇

構造材に節、鵜野さんのブログ内容の意味するところ---2016年1月15日

★ 構造材に節、鵜野さんのブログ内容の意味するところ ★

ご訪問頂き有難うございます。

散歩がてらに一条工務店のツーバイ工法のお宅を敷地外から拝見
させて頂いていました。
土台や大引きとコンパネ施工までは、在来工法もツーバイ工法も
外見上ほぼ同じでした。

なので、
  「どーなのかなぁー」
などと妄想して、先日のブログの内容に至りました。

  はてな

調べてみたところ、例えば、無垢材ドットコムさんの
 「節は強度には影響を及ぼさない?」
と題した記事には次のような記載がありました。


【節の影響】

1.節も強度的性質に影響が大きい項目の一つ。

2.材幅の中央部にある節に比べ、縁にある節は強度低下に大きく
 影響することが明らか。

3.特に梁や桁においては、縁にある節が曲がった場合、凸になる
 部分に来ることは避けなければならない。

4.材幅に対し、節径が40%を超える大きな節は構造材には使用
 できないことになっている。

5.一ヶ所に数個の節が集中しているような集中節も使用を避けな
 ければならない。

6.大きな節がある材は節の小さい材よりも強度が劣る傾向にある
 ため、構造材として使用する材料については、可能な限り節は
 小さく(材幅に対し、節径20%以下が理想)、数が少ない材料を
 選ぶようにしよう。

鵜野さんがブログで懸念している事項は以上のような点にあると
思われます。
と言うことで続編の内容に注目しています。
関連記事
[ 2016/01/15 21:07 ] 住まい諸々 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ichan

Author:ichan
◆居住地:日光が有名な県
◆性別:男性
◆趣味:DIY、菜園、PC、
    写真撮影
★リンクフリーですが、
 内容の無断転載は禁止です。
★リンク表示が崩れるので
 非表示にしています。
★現在、更新は不定期ですが、
 訪問等は通常通り行います。

宜しければご声援をお願いします
日本ブログ村順位
月別Archive_PD
 
ブロとも申請フォーム