FC2ブログ

一条工務店セゾン系棲家のアフターケアの合間に綴るブログ

◇ 住宅、DIY、菜園、PC、AV機器、自動車関連などを気ままに綴るブログです ◇

窓に結露、観葉植物をどうするか-VOC・MVOC対策も兼ねて---2015年10月22日

★窓に結露、観葉植物をどうするか-VOC・MVOC対策も兼ねて ★

棲家の窓ガラスに結露が生じるようになりました。
そして、サンルームの窓ガラスの外側には放射冷却現象による結露
の生じる日が増えてきました。
鉢物をどうするか、先週、必要に迫られ、一部の鉢物は室内に仮置き
しました。


 窓結露

鉢物の害虫対策は既に処置済みです。
今年は方針を転換して室内に取り込むことにしました。
ただし、消毒薬の臭いが低減してからです。
方針を転換した理由は次の通りです。

【簡易温室での管理の限界】
・サンルーム内は、昼夜での寒暖差が激し過ぎ、断熱により夜間は
 良いとしても、昼間は換気が必要となり、管理が面倒でした。


ただし、即座に室内に取り込むのは躊躇いました。

【室内に取り込むのを躊躇っていた理由】
①害虫を室内に入れることになる(対策済)。
②湿潤期に取り込むと室内の湿度が必要以上に上昇する。


とは言え室内に取り込むメリットもあります。
昨日のブログで問題を提起したVOCやMVOCの対策にもなります。

【観葉植物等を室内に取り込むメリット】
 ①温度管理が断然楽になる。
 ②屋外からの目隠し効果を期待できる。
 ③観葉植物自体に空気清浄作用がある。
   a)空気中の有害物質を吸収してくれる。
   b)マイナスイオン濃度も(多少は)上昇する。
   c)カビ・バクテリアの抑制効果を有するフィトケミカルを放出
    してくれる(らしいです)。
 ④湿度の調整効果が期待できる。
  ※葉からの蒸散作用により加湿器の効果が期待できます。
 ⑤リラックス効果やストレス軽減効果がある。
  ※仕事へのモチベーション向上効果もあるかも??
 ⑥視覚疲労回復が多少はある。
  ※緑視率が高くないとこの効果は期待できません。
   我が家の外周は雑草も含む緑が多いので、窓の外を眺めれば
   済みます。
  ※緑視率とは植物が見える率。
 ⑦森林浴効果(フィトンチッド放出)も期待できる。
  ※我が家に関しては不要な効果です。

以上のようなメリットもあることを調べた上で、決定しました。
特に、上記の①~④がメリットと考えています。
③に関しては観葉植物によっても効果が異なるようなので、所有
していないものも含めて、どのようなものが良いのかを調べて
みました。

【効果の高そうな観葉植物】
・NASAがエコプラント50種を発表しているようですが、中でも
 空気清浄機能が高そうで扱いやすいものは何かを調べてみると、
 ①サンスベリア
 ②スパティフィラム
 ③ドラセナ・マッサンゲアナ
  ・・・・・
 などがありました。
 ※葉に毒を持つものもあるようなので、購入時等には注意が必要。
 ※NASAが関与している理由は不明ですが、持続性のある循環型
  宇宙居住環境でも考えているのではないでしょうか?

サンスベリアが良いかなと思い、更に調べると、沢山の品種がある
ようです。
現状、初心者向けと言うことで「サンスベリア・ゴールデンハニー」
あたりを追加する候補にしています。
 追加1022
関連記事
[ 2015/10/22 21:52 ] 趣味 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ichan

Author:ichan
◆居住地:日光が有名な県
◆性別:男性
◆趣味:DIY、菜園、PC、
    写真撮影
★リンクフリーですが、
 内容の無断転載は禁止です。
★リンク表示が崩れるので
 非表示にしています。
★現在、更新は不定期ですが、
 訪問等は通常通り行います。

宜しければご声援をお願いします
日本ブログ村順位
月別Archive_PD
 
ブロとも申請フォーム