FC2ブログ

一条工務店セゾン系棲家のアフターケアの合間に綴るブログ

◇ 住宅、DIY、菜園、PC、AV機器、自動車関連などを気ままに綴るブログです ◇

高気密・高断熱だからこそ気を付けたいVOC・MVOC問題---2015年10月21日

★ 高気密・高断熱だからこそ気を付けたいVOC・MVOC問題 ★

シックハウス症候群等の問題に敏感になっている方が、住宅展示場
や工場見学会などにおいて担当者から受ける説明の中で、
  『当社は「F☆☆☆☆」等級の建築材料を使用しているので
   安全です』
などと言う説明を受けて、
  『安全だから決めよう』
と思った方もいらっしゃると思います。


「F☆☆☆☆」は、
 ホルムアルデヒド放散速度 5μg/㎡h以下
 ホルムアルデヒド放散量 0.12mg/l以下
の認定素材に用いられる等級です。
いわば揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds;以下、VOC)
の含有量を示す等級です。

したがって、一面において説明の内容は正しいです。
ただ、その側面についての説明は、恐らくなされていないのではない
でしょうか?

室内には、ほぼ細菌やカビなどの微生物が生育しています。
微生物が生育する段階で「微生物由来揮発性有機化合物
(Microbial Volatile Organic Compounds; 以下、MVOC)」を生成して
いることをご存知でしょうか?

皮肉にもシックハウス症候群の対策のため、建材からVOCを低減
することによりMVOCの発生量を高め、シックハウス症候群の要因
となっている可能性も有り得ます。
勿論、環境にも依存しますが、例えば、ホルムアルデヒドは微生物
の生育を妨害しますが、建材からホルムアルデヒドを低減させた
ために、MVOCの発生を助長している可能性すらあります。

高気密・高断熱であるがゆえに一旦発生し、又は取り込んだVOC
やMVOCが屋外に排出され難くなっている筈です。
それは計画換気程度では完全に排出され難い可能性があります。
一旦、室内に立ち込めた煙が簡単には排出されないことを例に
とれば分かり易いと思います。

また、細菌やカビなどの微生物対策のために、
 ナノ〇〇やプラズマ〇〇〇〇
などのイオン浄化機能を備えた機器が発売されており、特定の
条件下であれば、一定の効果が認められてはいます。
しかし、開放空間でどの程度の効果があるのかは、間取りや換気
装置の配置等によっても異なると思います。
※プラズマ〇〇〇〇は使用していますが、民生品用途なので
 プラシーボ効果程度と思っています。

さらに、生活物資の中にもVOCを排出するものが無いとは言え
ません。

これから、冬を迎え窓ガラスなどへの結露が懸念されます。
窓等を閉め切った時間が多くなり、かつ暖房をすることにより、
細菌やカビなどの微生物の繁殖する環境が整い易くなります。

計画換気やエアコン等だけに頼らず、細やかな生活環境の掃除や
時には窓を大胆に開放した換気も必要になると思います。

なぜか、今年は柚子が豊作です。
 柚子1021
関連記事
[ 2015/10/21 19:55 ] 住まい諸々 | TB(-) | CM(2)
こんばんは ! いつも、ありがとうございます。
今回の杭打ちの偽装とかの話を聞くと、業者をどこまで
信用していいのか分からずにいます。
リーフにしても魅力ある事しか書いてありませんし
信頼できるパートナーを選ぶのは、一般国民にとっては至難ですね。
[ 2015/10/22 19:40 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
南の風さん

こんばんは。

こちらこそ、いつも有難うございます。
そうですね、偽装、捏造と何でも有りの業界慣行は困ったもの
です。
横浜の地形(地盤)だけの問題では無さそうです。

極力、知り合いの業者さんで、職人気質で、あまり公共事業に
傾倒していない業者さんで、数に拘らない業者さんなら、
個人的には信頼性がおけるのかなと思っています。
[ 2015/10/22 22:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ichan

Author:ichan
◆居住地:日光が有名な県
◆性別:男性
◆趣味:DIY、菜園、PC、
    写真撮影
★リンクフリーですが、
 内容の無断転載は禁止です。
★リンク表示が崩れるので
 非表示にしています。

宜しければご声援をお願いします
日本ブログ村順位
月別Archive_PD