FC2ブログ

一条工務店セゾン系棲家のアフターケアの合間に綴るブログ

◇ 住宅、DIY、菜園、PC、AV機器、自動車関連などを気ままに綴るブログです ◇

床暖房で温かく過ごすために設計段階で注意するべきこと

★ 床暖房で温かく過ごすために設計段階で注意するべきこと ★

 我が家は設定温度の割に床暖房だけでは温まり難いです。
その原因を過去記事や図面を参考に検討していました。
その原因が分かりました。
ご検討中の方に対して失敗しないよう、参考までに掲載します。
  ※我が家は失敗例です。

 まず、屋外ではRAYエアコン室外機のエルボには断熱対策済みです。
  https://86ichan.blog.fc2.com/blog-entry-496.html

 ここからが特に原因となる部分。
今更どうしようもありませんが、RAYエアコン室外機から屋内のボックス
までの距離は10m近くあります。

  床暖1217

施工時に確認できていない部分ですが、断熱されていないとすると熱ロス
が大きいです。
断熱されていたとしても距離があるので熱ロスは大きいです。
立ち上がり部分を見る限り断熱されていないように思います。
熱ロスを減少させる上でも最短距離にするべきです。
打ち合わせ段階で全く話題に上がりませんでした^^;
せめてボックス内部だけでもチューブの断熱すれば多少は違うかも・・・。

 他の方のブログを見るとRAYエアコン室外機にも防雪フードが装着
されているようです。
降雪量は少なくても、雨が降ればフィンが凍りつきます。
解氷サイクルを減少させるために、我が家はDIY品で対策しています。
  https://86ichan.blog.fc2.com/blog-entry-844.html



宜しければご声援をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ
[ 2019/12/17 20:16 ] 住まい諸々 | TB(-) | CM(12)
プロフィール

ichan

Author:ichan
◆居住地:日光が有名な県
◆性別:男性
◆趣味:DIY、菜園、PC、
    写真撮影
★リンクフリーですが、
 内容の無断転載は禁止です。
★リンク表示が崩れるので
 非表示にしています。
★現在、更新は不定期ですが、
 訪問等は通常通り行います。

宜しければご声援をお願いします
日本ブログ村順位
月別Archive_PD