降雨時等にサンルームから室内に伝播する爆音対策について検討

- -
★ 降雨時等にサンルームから室内に伝播する爆音対策について検討 ★

 豪雨時にサンルームから伝わる音は爆音。
サンルーム取付時に未対策なので爆音を大幅に低減することは困難でしょう。
騒音には空気伝播音と固体伝播音の2つが存在します。
室内ではこれらの騒音がミックスされたものを聞くことになります。
この場合の固体伝播音とは躯体を伝わって伝播するものを言います。
具体的には、サンルームの屋根材-アルミ骨材-住宅の躯体で伝播してきます。
アルミ骨材と住宅間に防振ゴムを入れてあればある程度は低減できたでしょう。
今となっては不可能ですし、下手をすると雨漏りの原因にもなります。

  souon_rinjin0703.jpg

 騒音対策が可能か否かを知るには、まず爆音がどのような周波数特性で
あるかを確認する必要
があります。
残念ながら空梅雨だったため、調べることはできていません。
しかし、どのような対策が考えられるか、思い当たるものを抽出してみました。
 ≪ロスガードを例に騒音対策全般について掲載≫
  http://86ichan.blog.fc2.com/blog-entry-969.html
【考えられる対策】
・市販されている防音カーテン若しくは類似のものを用いる。
 (課題)爆音の周波数特性に応じ、どの程度の減音効果があるかを見極める
   必要がある。
・固体伝播音に関してはデッドニングで減衰させることが可能な場合がある。
 (課題)効率的に減衰させるには、爆音時にどの部分の振動が大きいかを確認
   する必要がある。


 近日中に提出しなければならない宿題を抱えているのでコメント欄は閉じました。
可能な限り訪問はさせて頂きます。



宜しければご声援をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ
関連記事
ページトップ