FC2ブログ

一条工務店セゾン系棲家のアフターケアの合間に綴るブログ

◇ 住宅、DIY、菜園、PC、AV機器、自動車関連などを気ままに綴るブログです ◇

発火事故を受けモバイルバッテリーも電気用品安全法の規制対象

★ 発火事故を受けモバイルバッテリーも電気用品安全法の規制対象 ★

 デジカメのバッテリーを充電するのにモバイルバッテリーで充電できれば
便利ですが、メーカー純正の充電器では不可能です。
そこで、通販サイトでUSB充電器を探しました。
USB充電器単品の他に互換タイプのリチウムイオンバッテリーが1~2本
付属した商品がありました。
USB充電器自体は販売元にかかわらず、デザインが細部まで一緒なので
製造元は同一と思われます。
異なっていたのは互換タイプのリチウムイオンバッテリーのパッケージ。
パッケージを見ると安価なものには『PSE』マークが付いていませんでした。

 ついでに、モバイルバッテリーについてもチェックしてみました。
安価なものには『PSE』マークが付いていない傾向にありました。
 モバイルバッテリーをはじめとしたリチウムイオンバッテリーの発火事故
が頻発していたことはニュース等でご存知の方も多いと思います。
今年の2月1日以降、モバイルバッテリーも電気用品安全法(PSE法)の
規制対象となっており、規制適合品には以下のマークが付与されています。

  pse_index_img01.jpg
  ※特定電気用品:同法施行令により、ゴム絶縁電線・コンセント・電気
   便座・電気マッサージ器・高周波脱毛器・電動式おもちゃなど116品目
   が指定。

 猶予期間(1年間)として、
「2019年1月31日までは、従前の例によることができる」
とされています。

 モバイルバッテリーも
『PSE』
マークまたは
『MCPC」(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)』
のロゴが入っているものを選ぶのが無難だと思います。

  PSE0620.jpg

 ちなみに、『PSE』マーク付き互換バッテリーをセットしたUSB充電器を
購入しましたが、このバッテリーは保険。
カメラ側で純正品か否かをチェックするようになっているので、ログ記録
される可能性があります。
 なお、カメラ単体では残量を確認できませんが、メーカー提供のアプリ
を利用すればスマホ連携で確認できるようです。
カメラメーカーの嫌がらせ?




宜しければご声援をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ
関連記事
[ 2018/06/20 20:29 ] その他 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ichan

Author:ichan
◆居住地:日光が有名な県
◆性別:男性
◆趣味:DIY、菜園、PC、
    写真撮影
★リンクフリーですが、
 内容の無断転載は禁止です。

宜しければご声援をお願いします
日本ブログ村順位
月別Archive_PD