一条工務店セゾン系棲家のアフターケアの合間に綴るブログ

◇ 住宅、DIY、菜園、PC、AV機器、自動車関連などを気ままに綴るブログです ◇

EVの家庭用蓄電池利用は時期尚早か

★ EVの家庭用蓄電池利用は時期尚早か ★

 日産が新型リーフを発表しました。
10月2日発売。
外観がオーソドックスになり、航続距離400km(日本基準)。
価格は315万360円(税込)から。
国からの補助金は上限の40万円を頂けるようです。
 しかし、地方自治体からの補助金の有無は地方自治体によって
相当な開きがあるようです。


 気になるのは実用航続距離やバッテリーの劣化ですが、米国基準
での航続距離が150マイル(約240km)なので、前者に関しては
約240km程度とみておいた方が良いようです。
 2018年にはバッテリー容量と出力を向上させたハイパフォーマンス
モデルを発売するとあり、米国基準での航続距離が225マイル
(約360km)。

 日産の初代リーフに関してはバッテリーの劣化が問題になっており、
新型リーフに関して心配する既存ユーザーもいるようです。
  ※急速充電を繰り返すと劣化が早まります。

 内燃機関を用いた自動車に比べて、EVは参入障壁が低いとの観測も
ありますが、現在、主流のリチウムイオン電池の温度特性がシビアな
ことから、自社のノウハウとともにノウハウ豊富な部品メーカーを囲い
込まないと良い商品の提供は難しいとも感じました。
テスラがパナソニックとの協業体制を敷いたのが良い例です。

 そのテスラですが、ハリケーンからの避難のため、オンラインで航続
距離を延ばすサービスを行ったようです。
通常の出力は抑えておき、バッテリーの劣化問題に対処していること
を意味します。

 また、トヨタが小型・軽量・容量・寿命を改善可能な全固体電池の
実用化にめどをつけたとの記事もありました。

  energy_chikudenchi0913.jpg

 非常時にはEVを家庭用蓄電池に用いるのが良いと思っていますが、
諸々の情報を集約すると時期尚早と感じました。


宜しければご声援をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ
関連記事
[ 2017/09/13 19:45 ] 住まい諸々 | TB(-) | CM(6)
難しいですね。
自分にはEVがまだ発展途上に思えて手を出す気になりません。
もっといいのができるかも、です。
でもEVがこれからの主流になると思っているし、なるべきだと思っています。
[ 2017/09/13 20:39 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ミドリノマッキーさん、お早うございます

コメントを頂き有難うございます。

> 難しいですね。
> 自分にはEVがまだ発展途上に思えて手を出す気になりません。
> もっといいのができるかも、です。

そうですね。
電気自動車の歴史は古いですが、まだまだ未完成の
感が強いです。

> でもEVがこれからの主流になると思っているし、なるべきだと思っています。
[ 2017/09/14 07:51 ] [ 編集 ]
う~ん、まだ時期早尚かなぁ~

バッテリーの劣化も気になるし、
家庭用蓄電池そのものもこの先進化するだろうし・・・。

高額がゆえまだ投資するのは怖いですかね。
[ 2017/09/14 10:06 ] [ 編集 ]
全固体電池まで待ちと予想しています
私も時期尚早と思います。

我が家はV2Hを検討して配管等も用意しておりましたが、経済性や利便性の面ではデメリットが大きすぎて厳しいですね。

全固体電池が量産効果によって10kWhで価格50万円+寿命保証20年ぐらいになれば一般家庭にも普及すると思います。

2025年頃に車載されて、量産普及するのは2035~2040年頃になるでしょうかね・・・

[ 2017/09/14 12:40 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
おでかけ親父さん、こんばんは

コメントを頂き有難うございます。

> う~ん、まだ時期早尚かなぁ~
>
> バッテリーの劣化も気になるし、
> 家庭用蓄電池そのものもこの先進化するだろうし・・・。

一番の問題はバッテリーの劣化でしょうね。
安全性も考慮すると全固体電池がベストかな?

>
> 高額がゆえまだ投資するのは怖いですかね。

家庭用蓄電池は、経産省の目論見通りであれば
お安くなっている時期なのですが、またまだ
高額商品です。
テスラが日本市場に投入する2018年?が切っ掛け
になりそうです。
[ 2017/09/14 20:02 ] [ 編集 ]
Re: 全固体電池まで待ちと予想しています
ヤンさん、こんばんは

コメントを頂き有難うございます。
そして、お久しぶりです。

> 私も時期尚早と思います。
>
> 我が家はV2Hを検討して配管等も用意しておりましたが、経済性や利便性の面ではデメリットが大きすぎて厳しいですね。
>
> 全固体電池が量産効果によって10kWhで価格50万円+寿命保証20年ぐらいになれば一般家庭にも普及すると思います。
>
> 2025年頃に車載されて、量産普及するのは2035~2040年頃になるでしょうかね・・・

トヨタは2022年頃をめどに動いているようですが、
EV化の動きが加速しているので、量産効果で価格
があっと言う間に下がると良いですね~。
[ 2017/09/14 20:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ichan

Author:ichan
◆居住地他:日光が有名な地域、
      男性
◆趣味:DIY、菜園、PC、写真撮影
◆ブログ更新:その日の事情で

★このブログはリンクフリーですが、
 内容の無断転載は禁止します。

宜しければご声援をお願いします
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ この記事に拍手する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
日本ブログ村順位
月別Archive_PD
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: